伝説の武器「アスカロン」を超簡単解説-ドラゴン退治をした剣-

ゲオルギウスの剣

アスカロンという剣は「黄金伝説」に登場する、聖人ゲオルギウス(キリスト教の聖人)の剣です。


この物語のなかで、ゲオルギウスは異教徒の街に行きます。
そして、そこで暴れていた凶悪なドラゴンをアスカロンで倒します。
街の人々は彼に感謝し、キリスト教に改宗するのでした。

一説によると、このドラゴンというのは、反キリスト勢力ではないかという見方もあります。

アスカロンは槍だったのか


こうした宗教画にはよく、槍でドラゴンを突き刺しているものが多いです。
なので、槍と誤認している方もいるとか、いないとか。

伝承によると、聖人ゲオルギウスは、まず、槍で致命傷をあたえ、剣(アスカロン)で、とどめを刺したそうです。


槍の方が強い気が…。

終わり!