読んでも忘れないようにする!

物事を忘れないようにするには、アウトプットするしかないですよね…。

話す

今日、読んだ本の感想や内容を誰かに話してみましょう。
話すことで記憶に定着しやすくなります。

書く

書くことによって脳が活性化し、記憶力や学習能力が上がります。

・読み終わったら感想を書いてみる
→感想は短くても、長くてもOK

・要点を箇条書きする
→見返したときに、すぐに大事なことがわかる

・タイトルを書く
私は専用のノートを用意し、読み終わったらタイトルを書いています。そうすると、見返したときに、本の内容を思い出せるのです。

・本に書き込んでもいい
→買ったら自分のものなので、自由に使っていい
(私はどうしても書き込みができないんですよ。本を汚すって怖くないですか?)

・気づきメモする


私は本を読む時(小説以外)はメモ帳とペンを用意しています。
大事なことや、心に残った言葉をすぐに書けるからです。

場所を変えて読む

本は室内で読んでいる人が多いと思います。
思い切って別の場所で本を読むのはどうでしょうか。
カフェや公園に行ったり…
「あ、この本はあの場所で読んだな」と記憶とリンクさせることができます。

朝読む

朝起きてから、2時間〜4時間が最も頭が働いている状態です。
歯磨きしたあとでも、着替えてからでもいいので読書してみてはいかがでしょうか。

スマホを活用する

・SNSで感想を投稿してみる

・メモ機能を使って書き込む

・必要な本のページをカメラで撮る
撮っただけで満足してないけません。
必ず見返しをし、気になった言葉は検索しましょう。

読む

・もう一度読む
何回でも読めば必ず覚えると思います。

・目次を見て必要なところだけ読む
自分が必要としている情報ですから、記憶に残りやすいです。


以上が、忘れないようにする読書法でした。
読書スタイルは人それぞれなので、自分にあった記憶法を模索してみてはいかがでしょうか。