天国大魔境、面白いな!1巻【感想】

このマンガがすごい!男編で1位になったと聞いて読んでみましたが…面白いです…。
しかし、1巻を読んだだけでは何もわかりませんね。とにかく謎が多い!
わからないけど、この世界観にとても引き込まれます。
こちらが、あらすじになります。


子どもたちが暮らす、壁に囲まれた緑豊かな施設。
トキオはテスト中に「外の外に出たいですか?」というメッセージを受け取り出たことのない壁の外の世界を想像する。

外の世界では、マルとキルコが廃墟になった日本をサバイバルしながら天国を目指し旅している。

この作品は、施設の子供たちと、外の世界と並行してストーリーが進んでいきます。
施設の子供たちは、運動神経がすごく良かったり、未来予知(勘?)がすごい子がいたり、と普通の子供ではない子が暮らしています。

外の世界(日本)では、マルとキルコが旅をしています。日本はまさに魔境になっていて、謎の化物とかがいます。


ちなみに、作者の石黒正数の「それでも町は廻っている」も面白いです。
アニメ化されてますよ。

今後、この2つの話がどのように繋がっていくのか、楽しみです。

まぁ、こんな終わり方されたら、続きが気になりますよね。