読みやすい海外小説4選

なんかいろいろ!

海外小説って翻訳が微妙だったり、わかりにくかったりしますよね。

手が出しにくいので、誰でもサクッと読めるような海外文学を紹介します。

星の王子さま

子供の頃に、親に進められて読みましたが、全くわからなかった記憶があります(笑)
でも、大きくなって改めて読むと、人生の大切なことが見えてくる偉大な本だったことに気が付きます。

子供でも読めるので、初めて海外の小説を読む人にはおすすめです。

むしろ大人になってから読むとまた違った味わいがありますよ。

ジーヴズの事件簿

こちらは比較的最近のものです。

ユーモアあふれる作品です。短編で読みやすく、事件簿となっていますが推理小説とはちょっと違う感じですね。キャラクターが個性的で面白かったです。

また事件が一つ一つ区切られているので読みやすいと思います。

 

 

2分間ミステリ

短編です。タイトルの通り2分で読めるミステリーものです。かなり頭をひねらないと解けないような問題ばかりですが(笑)
電車の中で読んでました。

ジーキル博士とハイド氏

2重人格といえば、この二人!FGOにも出てますよね。

この作品は私が中学生の時に読みました。それでも面白かったのでさすが名作ですね。

ページ数も少なく、すぐに読み終えることができます。

ジーキル博士とハイド氏の怪事件 | ロバート・ルイス スティーブンソン, 佐々木 直次郎 | 英米の小説・文芸 | Kindleストア | Amazon

 

以上、良い読書生活を!

終わり!