自転車のライトが自動でつく仕組み

なぜ暗くなるとライトが自動でつくのか気になったので調べてみました。

仕組み

ライトの下部に光センサーが着いていて、それで明るいか、暗いか認識します。
ライトは前輪のハブと呼ばれている中心軸で発電しています。
中には、コイルとか磁石などが入っています。

※ライトは必ずつけましょう。