江戸東京博物館行ってきた感想

日常

私が行ったのは常設展で、まずチケットを買って6Fへ。

中に入るとまず、日本橋があります。

これを渡ると、寛永の町人の暮らしを見ることができる。(模型)

作りがすごく細かくて、見ていてとても楽しかった。
他にも大名屋敷があり、それと比べると町人の家はとても狭い。

実際に体験できるコーナーもあり、棒手振りの天秤棒を持てたり、千両箱を持ったり、だるま式自転車に乗れたり…。


特に千両箱は14kgもあることにびっくりした。

〈東京ゾーン〉では、1960年から2000年代の給食の変遷が一番興味深かった。

これ見ると日本ってすげえ豊かになったって思う。

終わり!