【漫画】恥ずかしがり屋のヒーロー譚!「SHY」感想

  1. 今回、紹介したい作品は「shy」(シャイ)という漫画。現在2巻まで発売中。

ジャンルはヒーローもの。

私は表紙の絵柄をみて購入しました!笑

大まかなストーリーは「主人公が自分の弱さを認めて成長していく物語」と言ったかんじです。
テンポよく読めます。

この世界にはそれぞれの国で活躍しているヒーローがいます。

ロシアのヒーローは酔っ払いだったり、イギリスのヒーローはロックスターだったり、とかなり個性的です。

そして、日本のヒーローは恥ずかしがり屋!

1巻では、1人の少女を救えず、落ち込み、ヒーローの姿に変身できなくなってしまう主人公。
ですがその後、自分のコンプレックスを受けいれ、成長していく。

主人公はヒーローという立場にありながら、まだまだ未熟で、力も弱い。だからこそ応援できるのだと思います。

また、この作品は「心」というテーマがあり、肉体的な成長もそうですが、精神面での主人公の成長に着目しても面白いかなと感じます。

2巻では、個性的なヒーローが増えて、敵の存在もかなり大きいものとなりました。

各国のヒーローにも一人一人信念みたいなものがあって、例えば2巻で登場したミェンロンは
「悪い人とも戦わずに、ただ人を救いたいだけ」という考えがありますから、彼の技は傷つけずに眠らせるだけとなっています。

2巻から本格的に面白くなったきました。個人的にはペペシャさん(表紙の人)が好きなので3巻が楽しみです。


おわり!